2018年1月23日火曜日

ぬり絵

先日の骨董市で、おもちゃ骨董のさわださんの店をのぞくと、ぬりえが箱にどさっと入れてありました。
さわださんは、
「ぬりえはどう?すごくいい状態だよ」
と言いながら、早くもビニール袋から取り出しています。
「紙ものはねぇ...」
と言いながら、中を開けて、一枚一枚見てしまいました。


とても粗末な紙ですが、保存状態はとてもいいぬりえが、箱の中には四種類ありました。
その中で、袋と中のぬりえのどちらもかわいい「みはるのぬりえ」と、袋の絵はちょっと好きじゃないけれど、中のぬりえの枠に色がついているのが珍しい「高級新版ヌリエ」をもらってきました。

幼い少女向けのぬりえで一世を風靡した蔦屋喜一は、1940年に「フジオ」の名前でぬりえを描きはじめましたが太平洋戦争の勃発により中断、戦後の1947年から「キイチ」の名前で再開しました。以後、1960年代半ばにアニメブームに押されてぬりえが廃れるまで、描き続けています。

妹二人が幼いころ、我が家にはいつもキイチのぬりえがあったので、年の離れた私もよく知っていました。
この、「みはるのぬりえ」と「高級新版ヌリエ」は、妹たちが親しんでいたキイチのぬりえよりずっと紙質が悪いので、1950年代のものだと思われます。しかし、文字が左からの横書きなので、戦後のものなのでしょう。


さて、「みはるのぬりえ」の袋の裏と表です。


袋の裏には、ひらがなが書いてあるのに読めません。
なんだっぺ?


中には、ぬりえが八種類、十枚入っていました。
 

田舎か町かよくわからない絵が面白い。右後ろの見えるのは、こんなのがあればいいなというあこがれの建物でしょうか?

「みはるのぬりえ」がいつ頃のものか、みはるとは誰かなどはわかりませんでしたが、ネットでぬりえを調べると「たけしのぬりえ」というホームページがあり、「たけしと同時期に活躍したぬりえ作家たち」の中に、みはるの名がありました。
ちなみに「たけし」のぬりえは稲津寅雄(1908-2000)が描いたもので、稲津は1934年にぬりえを描きはじめ、戦争で中断した後、1946-50年まで描き、以後は映画の看板描きなど、別の仕事をしています。
 

もう一つの「高級新版ヌリエ」の袋の表と裏です。
袋にもぬりえにも作者名がなく、何の手掛かりもありません。しかも、袋の絵と中のぬりえの絵を描いた人は違います。

「たけしのぬりえ」のHPの、「たけしと同時期に活躍したぬりえ作家たち」を紹介する欄には、みはるのほかに、きいち、きみこ、ひでを、ヒデオ、ひろし、ひろみ、よし子、まつを、けいぢ、みさ子などの名前が載っていて、それぞれの絵も掲載されていましたが、この絵は、そのどれにも該当しませんでした。
名前がないことが、「みはるぬりえ」より時代的に前を表すのか、単に名前を書くほどの作家ではなかったのか、そのあたりも不明です。


こちらは、6種類8枚入っていて、袋の絵よりかわいく描けています。
みはると比べて、全身ではなく上半身が多いのが、特徴と言えば特徴です。
 

「みはるのぬりえ」の洋服も「高級新版ヌリエ」の着物も、丁寧に模様が描き込まれています。これで遊ぶ子どもたちが喜んだか、想像の余地を奪われてしまったかは微妙なところですが、作家さんはさぞかし楽しんだことでしょう。

それにしても、女の子たちの髪の毛はみごとにちりちりにカールしています。
戦後すぐ、パーマやさんは復活しました。当時、パーマネントを当てて髪をカールさせていない大人女性は皆無の時代でした。着物しか着ない私の祖母や夫の母でさえ、パーマを当てていました。
子どものちりちりヘアが、波打つ髪への憧れを表していると思うと、時代の流れを感じます。






2018年1月22日月曜日

だるまの木型


骨董市で、水屋さんが張り子のだるまの木型を持っていました。
ケヤキでできていてずっしり重く、艶々光っています。
「まだ仕入れたばっかり。いつもならしばらく店に置いて眺めているところだけど、持ってきちゃった」
「いいなぁ」
「こういうものにくわしくないけれど、松本のだるまの型は数万するそうだよ」
「へぇぇ、松本のだるま?」
「でもこれは、ほれ、あのもっとも一般的な、高崎だるまじゃないかな」
買おうかどうしようか、行きつ戻りつした挙句、いただいてきました。
「しばらく民芸には手を出さなかったけれど、面白いからまた買ってみようと思ってるんだ」
楽しみが増えます。そう言えば水屋さん、ここ数年は、わりと値の張る立派なもの(工芸品)を多く持っていたでしょうか。

さて帰って、高崎だるまと並べてみようにも、関東のだるまの代表である、群馬県高崎の少林寺のだるまは、我が家には一つもありません。
でも、昨年骨董市で見かけた、高崎だるまの型の写真があります。


あっ!額と鼻がつながっている。
ということは、このだるまの木型は、高崎だるまじゃない、一目瞭然でした。


水屋さんが松本だるまと言っていたのを思い出して、ネットで松本だるまを見てみました。松本だるまも、額の下がくぼんでいません。鼻とつながっています。


松本だるまの古形、繭玉形のだるまを復刻したという画像もありましたが、これでもありません。
そうか、松本だるまはもともと、お蚕さまがすくすく育つことを祈願してつくられたものだったのです。面白い!と関係ないことに感心します。

水屋さんが仙台の松川だるまと、松本だるまを混同した可能性もあります。私も、松川だるまを思い出そうとしたとき、
「あれっ、松崎だるまだったかなぁ」
と、「松」だけ覚えていて、あとを思い出せないときがあります。
というわけで、並べてみました。


似ている!たぶん、松川だるまでしょう。
となると、水屋さんが噂していたのは、実は松川だるまの木型だったのかもしれません。


というのも、松川だるまの方が松本だるまより名が知られているだろうし、できも上だと思うからです。


この松川だるまはお腹に恵比寿さまのレリーフがついていますが、ついていないものもあります。レリーフだけあとづけの可能性もあります。


現在松川だるまを製造している、本郷だるま屋の紹介記事には、創始以来受け継いでいるという、松川だるまの木型の写真が載っていましたが、額の皺があるなしが違います。


もっとも、約200年続く松川だるまは、本郷だるま屋のほかにも複数のだるま屋があったのか、いろいろな形の型があったのか、それとも変遷を経てきたのか、戦前のだるまは、形が全然違います。


『日本郷土玩具事典』(西沢笛畝著、岩崎美術社、1964年)に載っている写真にも、額の皺はありません。
『日本郷土玩具事典』には、「顔の周りを群青で塗り、本毛の眉、ガラスの目(ルリ玉)という、一種独特のだるまである」と書かれています。
二つ並べた写真の右のだるまの目が光っていると思ったら、これもルリ玉だったのでしょう。


木型には、貼った紙を割るために差し込んだナイフの傷跡が深くついているので、何度も何度も使われたに違いありません。
ちなみに、本郷だるま屋では、いまでも真空成型でなく木型を使っているようですが、今では季節ものではなくなって、通年需要があるので、年間6000個から7000個も生産していて、大忙しだそうです。
 

東北のだるまは力強い、前列、福島県三春の張り子も、額の下が引っ込んでいます。


松川だるまはもともと、何を中心に祈願したのでしょう。
だるまは転んでも起き上がるので吉運を、赤を多用しているので疱瘡除けを祈願したこととは思いますが、松川のだるまにはそれに加えて、宝船、恵比寿大黒など、おめでたいものがさらに描かれています。
人々はたくさんの願いを込めて、松川だるまを手にしていたことでしょう。





2018年1月21日日曜日

めぐり逢い


ひょうたんの形をした保存ビンは、残念なことに、2011年3月の地震で割れてしまいました。
型を使ってはいるけれど吹きガラスで、好きだったビンだっただけに残念でした。


蓋は薄いアルミ、表面は年月を経てざらざらになっています。ちょっとしたへこみはありますが、ほぼ完ぺきな姿です。
未練がましいとは思いましたが、いつかこの蓋が合うようなガラス瓶が見つかるかもしれないという一縷の望みのもと、取ってありました。


骨董市で、水屋さんの店に並んでいるのは、もしかしてあのビン?
もう7年も見ていないので、うろ覚えでしたが、同じものにも見えました。

我が家では、犬たちがいなくなって、餌を入れていたビンや缶は使わなくなり、果実酒もつくらなくなって、大きいガラスビンの需要はなくなっています。むしろ余り気味です。
でも、これを逃したら、ひょうたん形の保存ビンとは、もう二度と出逢うことはないでしょう。しかも持っているのが水屋さん、きっと「私値段」に負けてくれます。というわけで、買ってきました。
そして、古いアルミの蓋を探し出しました。


まず、恐る恐る蓋を比べてみました。
前からある蓋の方がちょっと小さそう、でも、ビンの口が斜めになっているので、はまるかもしれません。



はめてみました。
わぁ、ぴったり!
蓋にとっては、待ちに待ったガラスビンとの出逢いでした。


申し訳ないけれど、このへしゃげた蓋はゴミ箱行きです。でもその前に、一度だけあて金をして、たがねで叩いてみることにはしますが。


ビンの底のエンボスです。


今度は地震が来ても割れないように、たいせつに置いておかなくてはなりません。




2018年1月20日土曜日

ショコラーシカの復活

この何年かバレンタインデー時に発売されてきたショコラーシカが、2017年には発売されませんでした。
まぁ、お顔は同じようで、服の色や模様がちょっと違うだけ、いくつあっても似たり寄ったりなので、つくられなくなったのも無理ないなと思っていました。
ところが今年、ロッテのオンラインショップを覗いてみると、「要望にお応えして」、復活していました。しかも、大中小の缶の組み合わせが、いつもの意匠のと、ちょっと違うのと二種類に増えていました。
どうする?
二セット買うのは贅沢すぎるので、いつものと雰囲気の違う方を、一種類だけ注文してみました。


紙でできた、家の形をした箱が届きました。


蓋を開けると、大中小のショコラーシカ缶が入っています。


このショコラーシカたちはみんな名前がついていて、別々の地域で、地域限定で売っているもの、それを集めてセットにしたのだそうです。


箱はドールハウスのようになっていて、遊べます。
前に倒して、敷物を敷いた床のようになっている蓋は、磁石で閉まります。


背中には、2018と大きく書いてあるのでわかりやすい。これまで、ショコラーシカも不二家のマトリョーシカ缶も、発売年を書いていなかったのが不思議なくらいです。








2018年1月19日金曜日

未開の集落

段ボール箱に入れて、長い間半地下に置いていた本は、コンクリート壁に接触している部分が、ほとんどカビていました。
湿気た本が、上に乗せた本に押しつぶされたり、みんなで斜め倒しになったりして、変形した本も、少なくありません。 


それにしてもこれはひどい、本箱にきっちり詰めて「押し」をかけたくらいでは、曲がったのが伸びそうにありません。第一、本棚にもおとなしく並べられないでしょう。

この本は、『VILLAGE PLANNING IN THE PRIMITIVE WORLD』(DOUGLAS FRASER著、コロンビア大学、1968年)、「計画と町」というシリーズの中の一冊です。


かろうじて大丈夫だった、シリーズのほかの本たちです。
シリーズには、古代の町、中世の町、ルネッサンスの町などあるのですが、中でも一番面白かったのが、このひん曲がってしまった「未開の集落」でした。


アメリカで手に入れたのですが、何せその前にガーナやオートボルタ(今のブルギナファソ)で、いろいろな家や集落を実際に見たので、関心もひとしおだったというわけです。本がダメになって、がっかりでした。
捨てる以外ないけれど、替わりはないかしらとふと思いつき、Amazonで探したら、素晴らしいというかなんというか、あっというまに見つかりました。すごい時代です。
しかもこれが二、三年前だったら、アメリカのAmazonに注文して、高い送料を払わなくてはならなかったのですが、今では、本がアメリカから送られてくるにもかかわらず、日本国内と同じ送料しか、かからないのです。


というわけで、注文していたのが届きました。
これまで持っていたのはソフトカバーでしたが、今度はハードカバーです。なにせちょうど半世紀前の本ですから、ちょっと傷んでいてかび臭い。でも大満足です。
おまけに、日本語訳が出ていたので、それも買ってみました。


ローデシア(今のジンバブエ)

アフリカ、東南アジア、オセアニア、アメリカなどの集落が紹介されていますが、どこの集落も面白い。でも、やっぱりアフリカの家は面白い。最高です。

インドネシア、スマトラ島の集落

スマトラの村はがっちりと、周囲を固めています。
たぶん、男性は同じ村の女性とは結婚できず、命がけで別の部落から花嫁を奪ってこなくてはならなかった、しかも同じ部落の女性を、なんとしても他の部落の男性に奪われるのを阻止しなくてはならなかった、そんな時代の集落なのでしょう。
家の形から、生活が見えてきます。





2018年1月18日木曜日

ヨーロッパを席巻した(?)木の箱


雑に仕上げて、荒く塗装した木の箱です。
これを仕入れた、目利きのKさんは、
「オランダのものだと言われて仕入れたのだけれど、木や塗装の感じから、インドのものではないかと思う」
とおっしゃっています。
蓋を開けるときに触る部分の塗装がもっとも剥げているので、それなりに使い込まれたものなのでしょう。


ストッパーにもなっている蓋を引いて、


ねじると、内側で二段になっている下の部分が現れます。
ペンケース(筆箱)と思われます。


これは、ネットで見つけたベルギーのペンケースですが、雑貨屋をやっていた友人のSさんがこれとうり二つのペンケースを持っていました。
Sさんは、これと同じものをフランスの蚤の市で買ったとか、彼女はフランスのものと信じていましたが、堅木や真鍮板の象嵌(接着?)の細工から、これもインド製にも見えます。

Sさんがこれをフランスのものと信じる理由は、1980年代までフランスの文房具屋には、粗末な感じの木で雑につくられた、これと同じ形をしたペンケースが、どこでも見受けられたからです。
子どもたちが小学校に入学するとき、学校に持って行くために、誰もが買ってもらうのがこの形のペンケースでした。鞄の中で乱暴にゆすられても、まず蓋が開くことがないので、安心だったのでしょう。
ところがSさんが今、文房具屋さんにこの形のペンケースを売っているかと訊くと、
「あぁ、あれ?とっくに消えてしまったよ」
と、笑われるそうです。
 

この写真で見るように、上段に長い鉛筆やペンを入れると、箱をずらすことができません。短いものしか入れないか、下の段に入れたものを取りたいときは、上の段に入れたものをいちいち取り出すか、そう考えると、使うのも結構面倒です。
これとそっくりの、Sさんのペンケースは、下段には鉛筆が入らないくらい薄くできています。
「ほら、昔は羽の軸にインクをつけて字を書いたでしょう。羽を入れたんじゃないかしら」
と、Sさん。羽ペンはいつごろまで使われていたのでしょう?


これもネットで見つけた写真、ハンガリーの骨董市で見つけたペンケースだそうです。
ベルギーで見つけた人も、ハンガリーで見つけた人も、その国のペンケースと思っているようですから、フランスだけでなく、ベルギー、ハンガリー、オランダなどで、この形のペンケースが広く使われていたのかもしれません。


これもネットで見つけた写真、イギリスの小学校で使われていたペンケースで、骨董市で見つけたときにはこのように、中身も入っていたそうです。


写真だけからの判断ですが、底板はかなり薄いのに、どれも合板は使われていないようです。ということは、合板が安価で手軽な材料として使われるようになる以前につくられたものか、あるいは合板が手に入りにくかった地域、例えばアジアの農村地域などででつくられたものかもしれません。
このペンケースが出回っていたのは、いったいいつごろだったのでしょう?


この形の木のペンケースが、ヨーロッパの巷にありふれていた時代があったようです。そして、いつの間にか消えてしまいました。
そう言えば、今は世界では、子どもたちはどんなペンケースを使っているのでしょう?もしかしたら、ペンケースなど必要のない時代になっているのかもしれません。