2010年2月7日日曜日

お雛さま


昨日は冷たい風が吹いていたので、なんとなく仕事をする気にならなくて、お休みして、こんなものをつくりました。雛壇の脚で、左右に立てて、上に板を張ります。

私の育った家では、雛壇をつくるときは、お雛さまをしまってあった箱などを積み重ねて、左右の高さは本で調節したりして飾っていました。一年に一度のことですから、どの箱とどの箱を組み合わせるかなど、いつも忘れてしまいます。そのため、雛壇をつくるだけで時間がかかり、お雛さまを飾るのが億劫になる理由でもありました。
そこで、今頃になってですが、我が家の床の間(もどき)に寸法を合わせて、簡単に飾れる台をつくったというわけです。


やっぱり、超簡単でした。雛壇の下のスペースには、いつも置いてあるものたちをしまっておくこともできたし。


お雛さまは、オリジナルには、1923年生まれの叔母のものでした。しかし、私が生まれた時代は、お雛さまどころではなかった時代だったので、最初から私のお雛さまとして飾られてきたものです。


これは中野人形、大好きなお雛さまです。

今では、中野人形は、毎年3月31日に中野市にある会場の前で並んで、抽選券を引いて、数字の書いてある券を引いた人だけが、数字の順番に会場に入って買えるという、ほとんど買えない状態の人形になっています。
一度、招き猫が欲しいと行ってみましたが、私の前後20人ほどはみんな「はずれ」でした。紙のくじが偏っていたのでした。朝、5時に出発して並んだというのに...。

お雛さまは1970年代の半ば頃のものです。当時も、中野人形は手に入りにくいものでしたが、我が家を訪ねてきた人が、郷土玩具が飾られているのを見て、「中野人形の作家さんの近くに住んでいるのだけど、お雛さまを注文してあげましょうか」と言ってくれました。狂喜。ほどなく送られてきたのがこの土人形でした。そのかわいらしいこと、もっと精密に描かれた雛人形は多いのですが、こんなにかわいらしいお雛さまは、そうありません。


私の母がつくった豆雛人形も、


母が昨年買ってくれた猫雛壇も、


19の春に京都の骨董屋さんで買った嵯峨人形も、


招き猫のお雛さまたちも、


みんな飾って、我が家には春が来ました。

0 件のコメント: