2012年9月15日土曜日

スゲで籠を編む


スゲ(や稲わら)の籠を編むための、糸巻き兼錘(おもり)です。
叺(かます)や筵(むしろ)を織るときも糸巻き兼錘を、ボビンレースを編むときもは糸巻き兼錘を使いますが、なぜかそんな錘に惹かれてしまいます。


しばらく前に骨董市で見つけたものですが、この糸を繰り出す、あるいは留めたいところで留める針金のガイドはいったい、何故ついていたのでしょうか?

もともとついていたのでしょうか?それとも糸巻きを買った人がつけたのでしょうか?
いずれにしても、針金をつけている側は二重になっているので、針金のガイドをつけることを前提につくられた糸巻きのようです。


ガイドがなくても、経糸(たていと、スゲを締める糸)が、太めの紐や綱の場合は、錘を一くぐりさせたりして、糸を固定しやすいけれど、細い糸の場合、こんなガイドがあった方が楽なのかもしれません。


農閑期、冬場の副業として使っていたものでしょう。
糸巻きを十二個まとめて縛ってあるわら綱の両端は、ほつれないように、糸を巻いてありました。


これで、黒い糸(経糸)が六列。
スゲの籠をつくるには、十二個の錘が必要だったというわけです。


錘はこの籠に入って、セットになっていました。
普通、骨董屋さんに出回るような古道具は、世代が変わり、生活スタイルも変わって、不要になったものです。
だから、長い間見捨てられて、ぼろぼろになっていないまでも、数がそろっていなかったりしますが、これは籠つくりの勉強ができるほどのそろい方、大切にされていたものだったのでしょう。

さて、縁の方は、もともと「わ」にして、ねじりながら織るのかどうか、きれいに処理されています。そして、底になる方は、平らに織ったものを綴じ合わせてから、


両方からのスゲを重ねて綴ってあります。


こちらが、綴り終わりでしょうか?


内側はこんな感じです。

骨董市で手に入れたときに、まことさんに見せたら、
「秩父のものだ」
と、教えてくださいました。
わら籠、スゲ籠はいろいろな地域にありますが、すこしずつ形が違います。家庭でつくれる種籠、肥料籠、収穫籠などとして使われていました。
これは底が広いので、みかんを盛ったりするのにも使えそうです。

わら籠は、その昔学生時代に、宮城だったか山形だったか、歩いていて行き当たった農家で譲っていただいたことがありました。稲わらは使っていると、ぽろぽろと崩れて、服についたり、埃になったりしましたが、稲わらに比べると、スゲはずっとよさそうです。


実際に、スゲ籠かわら籠が使われていた写真がないかと探していたらありました。
1970年に、山菜採りから帰ってきた宮城県刈田郡七ヶ宿町の男性が稲わらの籠を背負っているところです(『とる・はこぶ、写真で見る日本生活図引』 須藤功編、弘文堂より)。
簡単に1970年代といいますが、今とはこんなに違っていたのです。自然素材ばかり。腰に下げたくるみの木の皮でつくった鉈の鞘が、とりわけ素敵です。

余談ですが、『日本生活図引』シリーズには、『とる・はこぶ』のほか、『つどう』、『すまう』、『たがやす』、『あきなう』などがあります。昭和30年代、40年代の写真を中心に収録して、写真に写っているものの説明が書いてありますが、ほんのちょっと前なのに、本の隅々まで今とは別世界を見ることができます。

今の季節、ちょうど穂を出したスゲを、あちこちで見かけます。
利用することを考えたことがありませんでしたが、道具はあるし、一度籠でも織ってみるのも悪くありません。

なんちゃって、いつになることやら、さっぱりわかりませんが。



0 件のコメント: