2017年7月24日月曜日

やったぁ!

Iさんから、
「Nさんが、かんなを研ぎに行きましょうか?と言っています」
という連絡をもらいました。Nさんは、素敵な大工さんです。
「ひゃっほぅ!」
かんなを研ぐのは、いつまで経っても苦手なうえ、基本原理さえよくわかっていません。もう、大歓迎でした。

「かんなだけでなく、ノミもお願いできるかしら?」
と、ずうずうしいお願いもしました。しかも、ノミの太い方の一本は、刃が二か所もこぼれています。
「いいですよ」


まず、ダイヤモンド砥石で、ノミを刃のこぼれがなくなるところまで磨きます。
普通の砥石と違って、ダイヤモンド砥石の長所は、砥石自体がすり減らないので、いつまでも水平に削れることです。

刃物を研ぐときは立って、台の上で研ぐのが一般的ですが、Nさんの師匠は、こうやって研いでいたそうです。そのため、修行中のNさんが高いところで研ぐわけにはいかなかったらしいのです。


細い方のノミは、刃裏が平らではなかったようでした。
板切れでノミを押さえながら、刃裏を平らにします。


安物のノミのせいか、なかなか平らにならなくて、こんなに削って、やっと刃裏が平らになりました。
 

我が家にある砥石、「中砥」と「仕上げ砥」は、どちらも真ん中がすり減っていました。
ノミは刃が細いので、研ぐと砥石がでこぼこになりやすいのですが、砥石を平らにしておかないと、ノミも平らになりません。
コンクリートブロックに、砂を掛けながら、砥石を削って平らにします。


なかなか平らにならないので、グラインダーでコンクリートブロックに溝を切って、砥石を削りやすくします。
 

申し訳ないことに、刃物を研ぐのと同じくらいか、それ以上の時間を、砥石を平らにするのに使わせてしまいました。
 

ノミが仕上がったらかんなです。
かんな用の仕上げ砥の方は、ほとんど使ってなかったので、ほぼ平らでした。


刃は、黒い砥クソがしっかり、線になって出るよう研ぎます。砥クソがぼやけているときは、刃先ではないところを研いでいるのだそうです。
なるほど、なるほど。


わぁぉ。この辺りで、嬉しさに顔が緩んできます。


素敵に研げました!
 

刃は研げましたが、かんなは台も歪んでいました。
平らな台(この場合は、万能木工機)に、テープ状の、サンドペーパーを貼って、まず台を全体に削って平らにします。


さらに、かんなの台尻と刃の前後を残して、紙一枚分くらい、ほかを低くします。


そして、使ってみます。
 

微調整。


向こうが透けて見えるようなかんな屑が!
Iさん、Nさん、本当にありがとう。
やり方がよく分かったのだから、忘れないうちに復習しなくてはなりません。











2017年7月23日日曜日

足温ネット

長野県飯田での、自然エネルギーの見学に続いて、東京江戸川区の「足温ネット(足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ)」を見学してきました。
足温ネットは今年設立二十年を迎える市民グループで、資金を集めて電気をつくるだけでなく、雨水タンク設置など、環境にやさしい事業を行う人に融資をする、市民ファンドを運営するなど、多面的な活動をしています。

 
これは、足温ネットの「えど・そら発電所」2号機、屋上にソーラーパネルが乗っている、介護サービスも備えた、老人用賃貸住宅「ほっと館」です。


「ほっと館」の前のアパートに上らせてもらって、ほっと館をのぞんだところです。
案内して下さった、代表理事のならさんは、田舎に巨大なソーラーパネルを設置して、ロスの多い遠くに運ぶのではなく、東京に住むなら、できるだけ東京でエネルギーをつくればいい、と言います。
今、八郷だけでなく、田舎にはソーラーパネルが外部者によって設置され、 森林伐採、土壌流出、景観破壊など、様々な問題が出てきています。


こちらは3号機、駐車場の二階部分につくられたものです。
以前、このあたりは中小の工場が立ち並び、駐車場の需要が高かったのですが、工場は海外へ行ったのか、近年はマンションや戸建てが多くなり、駐車場の需要が減ったのだそうです。
近所に迷惑にならないように、光らないソーラーパネルを使っていました。
 

次に、見学の目玉である「オフ・グリッド」を見に、グループの人たちが多目的集会所として使っている建物に行きました。
オフ・グリッドとは、電線網を使わないシステムです。
電線から送られてくる電気を全く使わず、屋根に乗せてあるソーラーパネルだけで、電気をまかなっていました。


この家は、もともと借家として使われていましたが、最後の店子が出たとき、ブレーカーを降ろして電源は切ってあります。


しかし、6枚のソーラーパネルを使って、直流を交流に変えるインバーターや蓄電池を使うことによって、この家の電気をまかなっています。
つまり、ここでできた電気を、ここで使っているのです。
これは、集会所という一般家庭ではないにしろ、蓄電池を増やすなどして、一般家庭にも応用可能です。

エネルギー問題を考えるとき、私の関心は、蓄電池さえ性能が上がれば、個々人の単位で電気をつくったり使ったりするのがいいのではないか、そして歴史的にその方向に移行するのではないか、ということでした。
飯田に行った時その質問をしたら、土地柄か、みんなでやることに意義があると言われました。
共同でつくる大きいエネルギーがあってもいい、けれど個人でつくる小さいエネルギーがあってもいいと思っていた私は、足温ネットを訪ねて、方向性が見えてきた感じがしました。
中間としては、電線網とオフ・グリッドの併用も考えられます。

江戸川では、人々から不要なものを集めてそれを売って資金にする「げんきりょく(元気力)発電所」で資金を集めたり、ほかにもいろいろ面白いことをやっているようでした。







2017年7月22日土曜日

ドゴンの穀物蔵の扉

何年も前にまことさんから買ったマリのドゴンの穀物蔵の扉、どうしても欲しかったわけではないし、その扉のデザインもありふれたものでしたが、値段が安かったので、「あってもいいかな」という、ちょっと不純な動機で買ったものでした。そして、長い間床の間あたりに放置していました。

そのドゴンの扉を、作業棟のどこかの扉に、DOOR IN DOORで取りつけられないかと、あれこれ考えましたが、気密性が求められる扉にはつけられないし、毎日開け閉めする扉なら、重くて邪魔だしと、なかなか適所が見つかりませんでした。
そこいらに放り出していたら、夫が壁に飾ってみていました。
そうか、絵のように、扱えばいいんだ、でもドア機能も残してと、箱に取りつけて、壁にかけることにしました。


風化除けのためか、漆喰のようなものを塗ってあったので、彫刻の陰影がくっきりしません。
どうしたものかなぁと、ブラシで洗ってみましたが、根が雑な私のこと、適当に切り上げたので、少し汚れが落ちたくらい、全然きれいになりませんでした。
 

洗った後も、こんな感じです。
 

額縁をつくって、嵌め込みました。


扉は、額縁の上下に穴を彫って、その穴で受けています。


扉についていた閂(かんぬき)を利用して、開け閉めができます。


閂はこんな感じです。
 

扉を開けてみて、中に何もないのはつまらないので、よく使うものを仕舞いたい、鎌置き場はどうだろう、と考えています。


必要なところが進んでないのに、不必要なところが進んでいる。相変わらずの作業風景です。

『AFRICA ADORNED』より

半世紀にわたってあこがれているドゴンの村の穀物蔵、何とも素敵です。






2017年7月21日金曜日

加賀八幡上がりもなか


ろっかくさんに教えていただいた、加賀八幡起上がりのもなかを、取り寄せました。


可愛いイラスト!


箱を開けたら、だるまさんが20個。香ばしいもなかの皮の匂いがぷぅんと広がりました。
壮観です!

じつは、7個入りの上は20個入りしかありませんでした。
「20個かぁ.....」
と、思いましたが、7個ならすぐ食べてしまうだろう、送料も割高だしと思って、20個にしました。
5個ほど、試しに冷凍しておきました。


もなかのだるまさんは、包み紙ほどかわいくないけれど、ちょうどいい。躊躇することなく、思い切って頭からかじることができます。

訪ねてきた人とお茶をしたりして、もう半分しか残っていませんが、今でも箱を開けたら、ぷぅんといい匂いがします。






2017年7月20日木曜日

飾り棚の住人(六)


土間入り口の飾り棚の最後です。
ここにはおもに籠のミニチュアを集めています。


今はどうか知りませんが、昔はお土産もの屋さんにありふれていた、タイのミニチュアの籠です。
これらはすべて漁具です。 
小さいものは場所を取らなくて、かわいいとは言え、つくるのはたいへんです。


ひごは糸のように細く、しかも値段は、うそのように安いものでした。


魚籠(びく)には、「かえし」という、魚が飛び出さないように嵌めるものが、外せるようにつくられています。


日常生活の、いろいろな場面で使われる籠が、ほとんどミニチュアでつくられていました。
 

この蓋物の一つには、開けてみたら、1972年ごろ、友人Kが、お土産に買ってきてくれた、ナンバンアカアズキの象が入っていました。
やっと、一般人も渡航ができるようになったころで、Kは、おそらく日本の歴史上初めて組まれた、インド、パキスタン、アフガニスタン、イラン、トルコへのツアーに参加したのです。サラリーマンの月給が8万円ほどの時代、確か参加費は100万円ほど、辺鄙なところはチャーター機を飛ばしての旅行だったそうです。
ちなみに、Kは何も語りませんでしたが、少し遅れて企画された、初のチベット旅行に参加した友人Sは、お金をかき集めてやっと行くことができたけれど、貧乏人は彼だけで、ほかの参加者は、全部、学者、研究者、大金持ちなどだったと話していました。


インドでは、ナンバンアカアズキの象の容器が今でもつくられていますが、できがまったく違います。
今どき(といっても、15年以上前)のものは豆の中に、骨でつくった象が、5匹くらいしか入っていません。


中の象を、取り出すのも、しまうのも面倒だけど、出してみました。


長さが2ミリから3ミリほどの象が、合計31匹も入っていました。
インドにも、今はつくれる人がいなくなっているだろうと思われます。


フィリピンの籠。
同じ地域の籠ですが、つくり手が違うのか、時代が違うのか、右のものが細かくできています。


メキシコの籠。


Nさんがくれた判子。


鈴は、夫の母のもの。


そんなこんなが、土間入り口の飾り棚に飾ってあるものたちでした。
この飾り棚は、壁の形から思いついたものですが、わりと気に入っています。